健康な人体もほっそり進め方も一緒にかなえよう、玄米で美味しくダイエット

今まで何かと減量を試してきましたが、自分の体質に合わないのか余程威力が無かったり、テンポを悪くして寝込んでしまったり、ちょっと意思を緩めた怠慢にリバウンドしてしまったりって、どれもこれもうまくはいかず、せいぜい減量なんて私には無理だと思っていました。
そんな時、ついつい玄米がカラダにいとも厳しく、減量威力もあると聞きました。減量は今までがそうだったように今日もあんまり期待をかけることなく、ただシンプルに、玄米の力で疾患になり辛いカラダを作りたい、豊富に含まれている食物繊維で慢性の便秘を治したい、という、屈強が目的で白米を玄米食に切替えることにしました。
玄米食としてから、効果はアッという間に現れました。体調が素晴らしい、お通じが良くなった、というのが実感できますし、何よりも、あまり期待していなかった減量の威力が顕著に現れ始めたのです!
玄米食を通してから2週で1移動落ちました。お、これはいただける!と続けたらそのあともリズムが落ちることなく、一か月に2移動のペースで鎮まり続けていらっしゃる。
惣菜やおやつは普通に食べているし、ただただ白米を玄米に変えただけの素行なのに!
玄米に手広く留まるビタミンには脂肪の積み増しを食い止める働きがある素行、また、玄米は白米によって手ごわいのでゆっくりとしばしば噛まなければ飲み込めず、噛んでいるうちに脳から胃腸がいっぱいの印が送られてきて、思いの外かさを食べなくても食いでに上ることが出来るのが目論見だ。
今のいざこざは、玄米減量を飽きずに積み重ねるために、玄米をどんなに食べやすく、美味く喜べるかということです。
ごつくてぼそぼその玄米をザクザク柔らかくするために、
出来るだけ散々水に浸してから炊く。
玄米を炊くときは、白米を炊くときの1.3ダブル胃のかさで炊く。
玄米を炊く自負は、白米を炊くときの1.3ダブルの間長く炊く。
こういう3つを実践していらっしゃる。
また、多少なりとも上手く採り入れるには、玄米といった相性の良いゴマ塩分を振ったり、お茶漬けにしたりしていらっしゃる。
健康なカラダ、スリムなカラダを手にするために、これからもずっと玄米減量を続けていきたいと思います。毛が生えない