3段おなかが消え去る時なんて暮し無いと思っていたあたしが痩せた驚きの声明

「やせるのって酷い」
思う存分そんなに思っていました。

ご飯を減らせばフィードバックでアホ食いしてしまったり
ムーブメントしようと始めれば続かなくて精神的にも凹むし
楽して痩せれないかななんて言ったら非難を浴びるし

も、あんな私も痩せました!
一時期56kgもあったウェイトは46kgまで落ちました。

それは正しく、「ヨガ」のおかげです。

最初はヨガって、給料と自分に余裕のある女の人が始める、メリットだと思っていました。
ですから街中で見る「ヨガスクール」とかの文をみても「なるほど、よくあるヤツね」なんて思っていました。

身は此度「お寺ヨガ」はに通っています。
第一歩は友人の女で「とっても良いから。想い出で良いから、一回やってみなよ」って100回ほど言われ…
恐ろしい腰を上げて行きました。

時節は夏季。
普段はなんにも現れるポイントのないお寺の、ふすまをあけると誠にそこには、20他人ほどの皆さんがいました。

畳の上にヨガマットを敷き詰め、身って同士が行くともう満杯でした。

そこに「おはようございます」というきれいな所見と共にヨガの先生が登場しました。
無駄なお肉などいっさいなく、屈託の無い笑顔を身という同士についていました。
「想い出ですか?必ず楽しんでくださいね」なんて、実際鈴の至るような所見で言われて、女子の私でもときめきました。

1間隔のヨガの中で先生はたくさんの事を教えてくれました。
「今だけは自分の息に意識を向けましょう。感性は、内装だ」

身はこういうタイミングようやく、自分の身体が贅肉で厳しいと言っているポイント、むくんでるよと言っているポイントに気付きました。
そうして、身体が歪んでいたことも…。

「普段、頑張っている己をハグしてあげましょう」
といって己を抱えるヨガのブレークの時に、気付きました。

おや、そう。過食も、己をいたわっていないポイントに繋がるんだ、と。

そこから身は、己を本当の意味で愛するポイントに意識を向けるようになりました。
体の所見を聞くと、身体は意外にも飯を勧めなかったり決める。

減量は一旦、内側から。身はそんなふうに思うので、やせるならきつくも痛くも乏しい、ヨガをお勧めします。若年性